バストアップの方法

雑誌掲載多数!超ロングセラー商品

レディーズプエラリア99%

レディーズプエラリア99%

最も売れているバストアップサプリメントです!有名雑誌にもたくさん掲載され、モデルや女優にも愛用者多数!

バストアップと遺伝の関係

バストアップが思うようにいかず、悩んでいる女性が頭に浮かべることが多いのが「遺伝の壁」です。体格同様、バストの大きさも遺伝によって決まるのではないか、親をはじめとした家族がみなバストが小さい場合、バストアップには限界があるのではないか、と考えてしまう女性も多いのではないでしょうか。

しかし、実際のところ、バストアップと遺伝との間には直接的な関係がないと言われています。とはいえバストの悩みを共通に抱えている家族も存在します。それはなぜなのでしょうか。

おそらくその原因は生活環境にあります。バストの大きさはバストの9割を占める脂肪組織がどれだけ増えるかにかかっています。そして脂肪組織は乳腺がどれだけ刺激を受け、発達を受けるかがカギを握っています。

この乳腺は食生活や生活習慣などの影響で発達したりしなかったりします。

一緒に生活している家族は生活習慣に共通点が多いものです。たとえば食習慣。バストアップに欠かせないたんぱく質が少なめの食事ではないか、あるいは乳製品や大豆といった製品が少なめではないか。そういったバストアップに役立つ食材が少ない目食生活を送っているのがバストアップの妨げになっている可能性があります。

あるいは生活習慣。ホルモンは午後10時〜午前2時の間にもっとも活発に活動します。夜更かしをしがちな家庭環境ならホルモンの分泌、乳腺の発達をみすみす逃していることになります。

このように、バストアップは遺伝よりも生活環境の方がより大きな影響をもたらすものです。実際母子や姉妹でバストのサイズが大きく異なるケースも多数あります。バストアップの悩みを抱えている人は遺伝のせいとあきらめず、さまざまなバストアップ対策を試したいものです。

【PR】 雑誌掲載実績では、他社を圧倒!
『着る服が変わった』成功者続出!
【レディーズプエラリア99%(330mg×60粒)2か月分】

上に戻る

バストアップの方法66のポイント TOP

バストアップの基礎知識

バストアップと遺伝の関係