コーヒーやお茶を飲むと歯が黄色くなる?

コーヒーやお茶を飲むと歯が黄色くなる?

喫煙者は、タバコのヤニ(タール)が歯の表面に付着し茶色くなりますが、飲食物でも色の濃いものは着色しやすいものです。
ポリフェノールやタンニン、カテキンなどが多く含まれるものは着色しやすいと言われます。
その代表的なものが、赤ワイン、コーヒー、紅茶です。
エナメル質で歯の表面はコーティングされていますが、それを覆っているのが唾液から作り出されるペクリルという薄い膜です。
このぺクリルにタンニンやニコチン、カルシウムや金属イオンが結合しステインになります。
ぺクリルは歯を酸から守り、虫歯になるのを防いでくれますが、ステインを吸着しやすい性質も持っています。
そのため、時間の経過とともにぺクリルはエナメル質に定着し、黄ばみとなります。
黄ばみがつくことに変わりありませんが、歯質や歯並び、唾液の性質などによって黄ばみの付き方には個人差があります。
コーヒーやお茶は飲む頻度も高いため、少しずつ付着し、黄ばみや黒ずみとなって残ります。
コーヒーやお茶を飲むたびに歯磨きをすればいいのですが、毎回そんなことはできません。
水でうがいするだけでも黄ばみを防ぐ効果はあります。