コーヒーやお茶をやめれば歯が白くなる?

コーヒーやお茶をやめれば歯が白くなる?

コーヒーやお茶を止めても歯が白くなることは、まず、あり得ません。
コーヒーやお茶は歯が黄色く変色する要因ではありますが、その他にも赤ワインやカレー、しょうゆやソースなどたくさんの食品があります。
年々いろいろな食品に含まれる色素が沈着して歯を黄色くします。
着色の多い食品を避けるように気を付けるという意見もありますが、これも不可能なことです。
ポリフェノールを含むブルーベリーやバナナ、カレーやケチャップなどの色の濃い食品、数え上げればきりがありません。
ひとつひとつの食品を摂る量は少なくても、少しずつの積み重ねが、歯の黄ばみにつながっています。
毎食後に色素沈着を除去する成分入りの歯磨き粉を使って歯磨きをしたり、歯磨きが難しいときは水でうがいをするなどの対策を取っても、進行を遅らせる程度です。
もし、歯を白くしたいのであれば、歯医者さんでクリーニングをしてもらうのが早道です。
黄ばみの後ろに虫歯や歯周病が隠れている可能性もあります。
歯医者さんを定期受診すれば、お口の健康チェックとクリーニングで白い歯が戻ります。